新型レクサス LX 570(URJ200)【試乗評価】唯一無二の超高級国産SUV [DBA-URJ201W-GNZGK]


今回は「新型レクサス LX 570」を試乗レポートいたします。
レクサスLXは2007年のモデルチェンジで3代目となりました。2015年にマイナーチェンジを受け、後期モデルへ切り替わっています。

実は初代と2代目は日本へ導入されておらず、この3代目レクサスLXの後期モデルが、最初の日本導入モデルとなります。

プラットフォームはランドクルーザー(200系)と共有されています。

スポンサーリンク

外観

全長5065mmX全幅1980mmX全高1910mmのボディサイズを持ちます。またホイールベースは2850mmとなります。

デザイン処理の違いから、全長はランクルよりLXの方が長くなっていますが、その他のディメンジョンは共通です。

また遠目からみるシルエットは、水平基調の堂々としたボディと切り立ったAピラーにより、どっしりした重量感があり、まさにランドクルーザーそのものです。

フロントまわりは大型のスピンドルグリルにより、圧倒的な存在感と高貴な佇まいが同居しています。

リアコンビランプまわりは、メッキモールドを使ったアクの強いデザインながら、レクサスらしい上質感を備えています。

スポンサーリンク

内装

インテリアはレクサス専用設計で、ランクルとの差別化がはかられています。ランクルの室内も高級でやすらぎのある最高の室内でしたが、レクサスLXの内装はそれ以上の高級感です。
ふんだんに木目と本革が使われており、ダッシュボードのソフトパッドも、たっぷりとした厚みのある上質な素材です。

フロントシートは、サイズも大降りでストロークにも余裕があります。面で支えながら、体圧を分散してくれる快適なシートです。
セカンドシートの構造も基本的に同じで、長距離でも大丈夫です。

サードシートはやや小ぶりな造りながら、硬さもコシもしっかりしており、中距離までなら大丈夫です。
さらにこのサードシートを両側に跳ね上げると、広大なラゲッジルームとして使う事ができます。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

5.7LV型8気筒エンジンと、8速ATが組み合わされます。
エンジンは、377ps/5600rpmの最高出力と、54.5kgf・m/3200rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、6.5km/lとなります。

「ECO」モードでは、出足がもっさりしますが、「NORMAL」モード以上に設定すれば問題ありません。大排気量自然吸気エンジン独特の、豊かで自然なフィールを持った怒濤のトルクを発生します。

車両重量は2720kgで、同装備のランクルとほぼ同じ値ですが、エンジンやトランスミッションの違いを考慮にいれると、遮音材の量もほぼランクルと同じと思われます。

ミッションはランクルより多段化されておりスムーズです。それに加えてエンジンの低速トルクも大きく、LXはエンジンを低回転に保ったまま、ゆったりと走ることができます。
結果的に遮音材の量は同じながら、車内の静粛性はランクルを上回ります。

足回りとハンドリング

前輪にダブルウィッシュボーン式サスペンション、後輪にはトレーリングリンク式サスペンションが装備されます。
また前後共に、スタビライザーで強化されています。

強固なラダーフレームが床下に設置されており、見た目よりも重心は低めでロールも穏やかです。
さらに、サスとエンジンの制御を「S」や「S+」にすると、思った以上に素直なハンドリングをみせます。しかし当然ながらこれはキビキビとしたハンドリングではなく、あくまでスローで自然なフィールを伴います。

走行特性も基本的にランクルと同じで、きれいな良路では滑るようにフラットに走りますが、荒れた路面では、本格的SUVならではの突き上げ感と揺すられ感があります。

評価のまとめ

このランクルを買おうと思っている人は、すでにどういう車が自分にふさわしいか、ある程度分かっている人でしょう。
しかし、なかにはこのスタイルが気に入ったからと、衝動買いするお金持ちもいるかもしれません。

このランクルは高級車といえども、強固なラダーフレームを持った本格的SUVです。
サイズも巨大で、街中での扱いには相当苦労を強いられます。乗り心地も独特で燃費も悪く、普通のミニバンを買うつもりで購入すると必ず後悔します。

ただこれらの特性を分かった上で、大きく巨大で上質なSUVが欲しいという人には、これ以上ない最高の一台となります。

価格

価格 | 11,000,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)