新型レクサス IS【試乗評価】上質なダウンサイジングターボ [DBA-ASE30-AEZLZ]


レクサスISフロント画像

今回は「新型レクサス IS 200t F SPORT」を試乗レポートいたします。2013年に登場したこのレクサスISは、今回のモデルチェンジで3代目となりました。

スポンサーリンク

外観

全長4665mmX全幅1810mmX全高1430mmのボディサイズを持ちます。またホイールベースは2800mmとなります。

大きく口を開けたスピンドルグリルと、切れ長で小さなヘッドライトが印象的です。

ボディ中央下部から、リアフェンダーに向けて跳ね上げられたラインが少し不自然です。またこのラインのせいで、コシでパンツを履いたちょっと前の若者のようなだらしない感じがします。

しかし斜め後方から見ると、この跳ね上げられたラインが力強くリアコンビラインと融合しており、絶妙でダイナミックなリズム感が生まれています。

レクサスISリア画像
スポンサーリンク

内装

トヨタのデザインとは一線を画す、モダンでクールな上質感あふれるデザインです。まあ、これだけの価格差があるのに同じ質感のデザインでは困りますが。
プラスチックパーツの精度が高く、パーツ合わせの塵も最小限です。

メーター類にも、近未来的でかっこいいデザインが与えられています。大衆車にある様な、辻褄の合わない無駄なラインは一切いありません。

フロントシートはのっぺりした造形でフィット感が今ひとつですが、厚みやストロークは十分で、高級車らしいしっとりとしたコシがあります。これなら体圧が集中する事もなく、長距離走行でも披露は少ないでしょう。
クーペライクなボディデザインながら、リアシートの空間は必要十分の広さが確保されています。

またタンカラーの本革シートと、質感の高いブラック樹脂のコンビネーションは抜群で、華やかで上質な車内空間を演出しています。

車内は遮音が行き届いており、余計なロードノイズや風切り音の類いは侵入してきません。
エンジンも上質で静かなフィールですので、車内はいたって静粛です。

レクサスIS内装画像
スポンサーリンク

エンジンとミッション

2L直列4気筒DOHCターボエンジンに、8速ATが組み合わされます。

エンジンは、245ps/5800rpmの最高出力と、35.7kgm/1650-4400rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、13.2km/lとなります。

パワーは350には及びませんがより上級の250を上回り、燃費はガソリン車で最高の値で、ハイブリッドの300hに次ぐものです。
これだけの性能を持ちながら、価格はISファミリーで一番安く設定されています。

発進からの加速はスムーズで、アクセルの操作に対して実にリニアな反応を示します。また普通に街中を巡航している限りは、エンジンは静かでこれ見よがしな主張は感じられません。
必要十分以上の動力性能で、車両重量1620kgの車重を意識させられることもありません。

軽くアクセルを踏み込んでみても、ターボらしいドラマチックな加速はみられず、あくまで大排気量自然吸気エンジンのような余裕のあるフィールに終始します。

ドライブセレクトモードで「SPOTS+」を選択しても、基本的にこの傾向は変わりません。もちろんフィールは同じながら、エンジンとトランスミッションの設定が変わる事で、モードに応じた力強い加速力を得られます。

足回りとハンドリング

前輪にダブルウィッシュボーン式サスペンション、後輪にはマルチリング式サスペンションが装備されます。
前後ともにスタビライザーで強化されています。

リニアで自然なフィールのハンドリングです。ステアリングにも適度なしっとりした重さがあり上質です。

F SPOTSは足回りが若干引き締まっていますが、角の取れた滑らかな硬さで不快なものではありません。むしろ運転好きな人には好まれる、しなやかでスポーティなフィールです。

段差の衝撃も気持ち良くいなし、何事も無かったかのように通り過ぎます。

その他

先進安全技術は最新の、カメラとミリ波レーダーを使ったものです。衝突軽減自動ブレーキ、レーンキープ機能、後方車両の接近を知らせる機能、前車追従クルーズコントロールが装備されています。

評価のまとめ

外観デザインには賛否両論が分かれますが、高性能と価格のバランスした魅力的な一台です。ヨーロッパで先行して普及していったダウンサイジングターボですが、ここに来てレクサスもラインナップを拡げています。
また、ハイブリッドの300hと高性能な350に挟まれ、キャラクターが埋没しているかと思えば、そんな心配は無用でしっかりと独自の個性を持っています。

実際のランニングコストで考えれば、乗り方によっては300hよりもお得になる可能性も高いです。価格が安いからといって、質感を意図的に下げるような事もなされておらず、トヨタの力の入れようが伺えます。

価格

価格 | 4,540,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。