【運転のコツ】左側面の車両感覚の練習方法


重要な左側面の車両感覚

左側面の車両感覚に、自身の無い人は多いのではないでしょうか。
この左側面の車両感覚も、練習次第で確実に身につけられるものです。がんばって練習しましょう。

また左側面の車両感覚は、駐車場で自分のスペースにきっちり駐車する時や、走行中に左に寄せて対向車をかわす時、また路肩に寄せて止める時や走行中に路上の障害物を避ける時など、重要な場面で何度も必要になる大切な感覚です。

スポンサーリンク

左側面の車両感覚のずれを確認する

始めに、前方の車両感覚で確認したように、自分の中にある左側面の車両感覚と、実際の車両の位置のずれを確認します。
人や車が少ない時間を見計らって、広くて障害物の無いショッピングモール等の駐車場を利用して練習します。
また、常に周りの安全を確認しながら行います。人や車が増えて来たら、すぐに中止してください。

始めに目印として、車の左側面を寄せていく線を設定します。それから、正しいドライビングポジションを取ります。
次にその線に向かって、徐行しながら車の左側面を寄せていきます。ぴったりと線と車の左側面が合ったと思う所で、車を停車します。
そのまま車のATセレクターをPに入れ、パーキングブレーキを掛けて降車します。

後は左側面に回って、車の左側とラインの間に、どの程度の隙間があるか確認してください。
始めは意外と寄せきれてなくて、驚くかもしれません。

次にそのラインと車の空き具合を頭に留め、運転席に戻ります。
再び頭の中のイメージを頼りに、じわじわ徐行しながらラインに寄せてみてください。この確認と徐行を繰り返し、頭の中の車両感覚と実際の車両の位置を修正していきます。

スポンサーリンク

テープを目印にして練習する

ぴったり合うようになったら、第2ステップに移ります。

今度はラインと車の左側面がぴったり合っている状態で、運転席に座ります。次に左のラインが運転席からどう見えているか確認してください。
フロントウィンドウの左前方に見えているはずですので、フロントウィンドウのその位置に5cm程のテープを張ります。
このテープは後で剥がしやすように、手に一度貼って粘着力を落としておきます。また、端を少し折り返しておくと、剥がす時に簡単です。
ただし、前方の車両感覚の時に使った付箋は使わないでください。エアコンの風で簡単に剥がれて、ダッシュボードの隙間に落ちる可能性があります。

このテープの目印を使いながら、何度も左側面をラインにぴったり合わせる練習を繰り返します。
自分の中で、完全に左側面の車両感覚が身に付いたと、確信ができるまで繰り返してください。
車両感覚の確信ができたらテープを剥がし、自分の感覚だけで左のラインに車の左側面を合わせてください。
これで、ボディの左側面とラインがぴったりと合えば合格です。だめだった場合は始めからやり直しましょう。

何度も練習すれば、必ず出来る様になります。あきらめずにがんばってください。
また車両感覚が身に付いた後も、普段の運転で常に左側面の感覚を意識するようにしてください。常に意識している事で、どんどん車両感覚は磨かれていきます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。