【運転のコツ】前方の車両感覚の練習方法


車前方の車両感覚は簡単なようで、実際に確認してみると自分の思っている感覚とずれている事があります。
また前方の車両感覚は、一旦停止の線や信号機の停止線、駐車場での停止位置など、様々な場面で必要になる重要な感覚です。

最近の車は以前に比べてボディサイズが大きくなったり、ボンネットが緩やかな曲線で構成されているため、さらに車両感覚を掴みづらくしています。

スポンサーリンク

目安となる目印を設定する

まず、自分の中の前方の車両感覚が、実際の車両位置とどれだけずれているか確認してみましょう。
自宅の駐車場や大きくて空いているショッピングモールなどの駐車場で、周りの安全を確認してから初めてください。

始めに、停止位置の目印となる線やタイルの継ぎ目などを設定します。それから、正しいドライビングポジションを取ります。
次に、その場所に向かって車を徐行させ、車のノーズがぴったりその線に合ったところでブレーキを踏んで停止します。
そのまま車のATセレクターをPに入れ、パーキングブレーキを掛けて降車します。

後は前方に回って、車のノーズがどの辺りに来ているか確かめてください。
意外と停止位置と車の間に、隙間が空いているのではないでしょうか。それが、今のあなたの車両感覚です。

では、その隙間の大きさを頭に入れ、運転席に戻りましょう。
パーキングブレーキを解除してATセレクターをDに入れ、徐行しながら「頭の中にある停止線」まで進んで再び停止します。
この確認と徐行を繰り返し、停止線にぴったり合うまで続けます。

スポンサーリンク

付箋を使って車両感覚を身につける

ぴったり合ったら、第2ステップです。
今度は、停止線にぴったり車が合っている状態で、運転席に座ります。次にその停止線が運転席からどう見えているか、確認してください。
右ドアミラーの下当たりに見えているはずですので、そのドア内側に粘着力の弱い付箋で印をつけます。
このラインと付箋の関係を確認する際は、頭はあまり動かさないようにしてください。位置関係が変わって目印の意味がなくなります。

この付箋の目印を使いながら、何度も停止線で止まる練習を繰り返します。
完全に、前方の車両感覚が身に付いたと思ったら、最後に付箋の無い方法で停止線に合わせて止めてください。
これで、ぴったりと停止線に合えば合格ですが、もし隙間が空いてしまうようなら、また最初の練習からやり直してください。

練習する事で、必ず身に付ける事が出来る技術ですので、あきらめずに何度も練習してみてください。

また、この車両感覚が身に付いた後でも、停止線や駐車場で常に車の位置を意識する事で、さらに車両感覚は磨かれていきます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)