【運転のコツ】電動パーキングブレーキの上手な使い方


最近の高級車やハイブリッドカーのパーキングブレーキは、電動でパーキングブレーキを作動させる「電動パーキングブレーキ」が多いです。

この電動パーキングブレーキは、ブレーキの掛け具合をコンピュータが自動的に調整するため、手動式パーキングブレーキ(サイドブレーキ)のように、(ブレーキワイヤーの伸びに応じて)引き加減を調整する必要がありません。また、コンピュータが調整しているため、ブレーキの効き具合も毎回同じで確実です。

非常に便利で安全な装置ですが、新しい機能を持っているため初めて使う人は戸惑うかもしれませんね。そこで今回はこの「電動パーキングブレーキ」について、旧来の手動式パーキングブレーキと比較しながら詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

手動式パーキングブレーキの使い方

一般的なパーキングブレーキは、自分の手を使ってサイドレバーを引っ張り、パーキングブレーキを作動させるタイプが主流。シートの横にパーキングブレーキ用レバーがあるモノを「サイドブレーキ」と呼びます。

操作方法は、車を停車したらシフトを「P」に入れ、しっかりとサイドブレーキを引くだけ。この時ブレーキの引きが甘いと、車がジワジワと動くこともありますから注意してください。

走り屋やレース入門者の中は、このサイドブレーキを走行中に引いて車を不安定にさせ、強制的にドリフト状態を作り出すなんて人もいますが、普通に走る分には必要の無い特殊なテクニックです。危険なので真似しないでください。

パーキングブレーキは、その構造上、長年使っているうちにだんだんブレーキワイヤーが伸びてきます。ワイヤーが伸びると、その分サイドブレーキを引き上げる量も大きくなり、最終的には十分な制動力が得られなくなる事も。こうなると大変危険です。早めにディーラーや整備工場に持ち込んで調整してもらいましょう。

その他には、ブレーキペダルの左横に小さな「パーキングブレーキ用ペダル」を装備した、「足踏み式パーキングブレーキ」もあります。足踏み式ですので、手動よりも大きな力で確実に作動させることができます。ブレーキを解除する時は、もう一度ペダルを踏み込むか手元のレバーを引きますが、この方法はメーカーや車により様々です。車を乗り換えたら、必ず取扱説明書で確認しておきましょう。

スポンサーリンク

電動パーキングブレーキの使い方

これに対して「電動パーキングブレーキ」は、手元のスイッチひとつで、パーキングブレーキの作動と解除が可能です。内部構造は、ブレーキワイヤーを電動アクチュエータで引っ張るものと、ブレーキドラム内に直接電動アクチュエータを内蔵してブレーキワイヤーを排除したものの2タイプ。

操作方法は簡単で、車を停車させたらパーキングブレーキ用のスイッチを軽く引っ張るだけ、解除する場合はこのスイッチを逆に軽く押し込んでください。車によって操作方法が異なりますので、使用の前にかならず取扱説明書を確認しておきましょう。

ブレーキの掛け具合はコンピュータが自動的に調整してくれますので、「ブレーキの掛かりが悪くて自動車が勝手に動いてしまった」なんて事はありません。ブレーキワイヤーが伸びてしまった場合も、コンピュータが自動的に調整するので整備工場に持ち込む頻度も下がります。

その代わり、ブレーキワイヤーがどのくらい伸びているかはドライバーには分かりません。多少の伸びならコンピュータが自動的に調整しますが、ワイヤーの伸びが許容量を超えてしまうと、ある日突然「サイドブレーキの効きが悪くなる」なんて事にもなりかねないのです。

もちろんワイヤーの巻取り量には十分なマージンがあるので、通常の点検をしっかりと受けていれば十分。「ブレーキドラム内に電動アクチュエータを直接内蔵するタイプ」の場合は、そもそもブレーキワイヤーが無いので、こういったトラブルの心配もありません。

スポンサーリンク

坂道発進を補助するヒルスタートアシスト

この電動パーキングブレーキの機能を応用した運転支援システムに、「ヒルスタートアシスト」というものがあります。これは、急な坂道でも平地と同じようにスムーズな発進ができるように、電動パーキングブレーキとGセンサーを組み合わせたシステム。車が坂道で停車するとGセンサーが検知して、パーキングブレーキを作動、坂道発進を補助します。

使い方は簡単で、予め「ヒルスタートアシスタント」のスイッチを入れておくだけ。坂道だけでなく、普段から平坦路を走る時もスイッチを入れっぱなしで問題ありません。

この状態で急な坂道に停車すると、Gセンサーが坂道を検知してヒルスタートを起動、同時にパーキングブレーキが自動的に掛かります。

ここから、自動車をスタートさせようとブレーキペダルから足を離しても、パーキングブレーキを掛かったまま。自動車が坂道の重力に引っ張られ、ジワジワと後退することはありません。

このパーキングブレーキは、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても約1秒間維持され、その間に余裕を持ってアクセル操作に移れるというわけです。その後、アクセルの操作を検知するとパーキングブレーキは自動的に解除され、自動車はギクシャクする事なくスムーズに走り始めます。

これは上り坂だけでなく、下り坂で停車した後、後退しながら坂道を登る場合も同様です。

走行中にパーキングブレーキを引くとどうなるか?

パーキングブレーキは、駐車するときに作動させ車を固定するための装置です。そのため、フットブレーキと比較すると制動力は弱め。間違ってサイドブレーキを掛けたままでも、車は速度を遅めながらもノロノロと走ることができます(電動パーキングブレーキの場合は自動的に解除される)。

といってもパーキングブレーキは制動力の調整が難しく、走行中に不用意に作動させると車は安定感を失ってスピンを起こします。弱く作動させたまま長時間走り続けると、熱によって故障することもあります。

ただし、フットブレーキがなんらかの理由で故障している場合は別。こんな時はパーキングブレーキに頼るしかありません。

フットブレーキが故障した場合は、まず車を直進状態にした後、シフトダウンによって段階的に減速させます。シフトを1速まで落としたら、ゆっくりとパーキングブレーキを引いて車を停止させてください。

教習所でフルブレーキングを体験した方なら分かると思いますが、一般的に路面がドライで車が直進状態なら、タイヤがロックしたとしても車がスピンすることはありません。ただし、路面が濡れていたり凍結している場合は別。こういう路面状態の時は、「タイヤがロックしそうになったら一度パーキングブレーキを緩めてまたサイドブレーキを引く」といった操作を繰り返してください。

このように走行中のパーキングブレーキ操作は、普通のドライバーには難しい特殊なテクニックです。緊急時意外は使用するべきではありませんが、もしものためにイメージトレーニングだけはしておいた方がいでしょう。

電動パーキングブレーキは緊急時にも操作が可能

しかし、電動パーキングブレーキの場合、このような心配はいりません。緊急時に備え、「ブレーキ操作を自動的に調整する」という安全機能が組み込まれているからです。

万が一フットブレーキが故障して車が停止できなくなったら、まずシフトダウンによって段階的に減速してください。その後、一速に落ちたところで電動パーキングブレーキのスイッチを入れます。後はコンピュータに任せておくだけで自動的にパーキングブレーキが作動して停止します。

ただし、走行中のパーキングブレーキ作動は危険なため、操作方法が通常とは違います。誤作動を防ぐため「スイッチを数秒の間長押しする」としている事が多いようですが、これは車によって異なりますので普段から取扱説明書を確認しておきましょう。

寒冷地で使う場合の注意点

パーキングブレーキを寒冷地で作動させると、場合によっては停車している間にブレーキが凍りついて、車を動かすことができなくなります。こんな場所に車を停車させる時は、パーキングブレーキを使わずシフトポジションを「P」にして停車してください。といっても「P」ポジションにブレーキ機能はありません。車に合った「輪止め」を用意してしっかりとタイヤを固定しましょう。これは電動パーキングブレーキの場合も同じです。

関連記事

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)