【運転のコツ】チャイルドシートの選び方


子供の安全を守るチャイルドシートですが、みなさんは自分の子供の体型にあった正しいチャイルドシートを使っていますか?

スポンサーリンク

チャイルドシートの必要な年齢

日本ではチャイルドシートの装着義務は6歳以下となっています。一方、ヨーロッパでは対称年齢がぐっと引き上げられ、12歳以下となっている国もあります。

実際に、日本では装着義務のない小学生であっても、大人用のシートベルトでは想定されている身長が大きすぎて、かえって子供が装着すると危険です。

例えば、腰ベルトは骨盤が小さすぎて、お腹に掛かってしまいます。これでは、万が一の際に腹部に過大な圧力が掛かり過ぎて、怪我のおそれがあります。
また肩ベルトは高すぎて、首に掛かってしまいますので、事故の際に子供の首や顔を傷つけてしまう可能性があります。
子供の安全を考えるなら、小学生の間はチャイルドシートを装着しなければなりません。

スポンサーリンク

体格に合わせてチャイルドシートを選ぶ

現在のチャイルドシートは車に専用の金具が装備され、それに装着するだけで簡単に取り付けのできる「ISO FIX」という規格で作られたものが主流です。

また、子供の体型に合わせて、「乳児用」「幼児用」「児童用」と何種類かのサイズに分かれていますので、適切なサイズのチャイルドシートを使う必要があります。

良いチャイルドシートはそこそこ良いお値段ですから、なかなか成長に合わせて買い替えるのも大変ですが、子供の安全には替えられません。
また、すでに子供が大きくなっている知人から譲ってもらうとか、公共サービスの格安レンタルを使うとか色々な方法もあります。
ちょっと調べてみれば、地元の自治体が補助金を出している場合もあります。

スポンサーリンク

子供がぐずりだした時の対策

初めはおとなしくチャイルドシートに座っている子供も、ドライブが長時間身及ぶと次第に飽きてぐずりだします。
なんだか泣いている子供をみると、ついかわいそうになって、チャイルドシートを外したくなる人もいるかもせれませんが、子供の安全を考えるなら、そこは心を鬼にしてしっかり装着してあげるのが本当の愛情です。
またかわいそうでどうしようもない時は、大人の方が子供の都合に合わせて、パーキングエリアなどで休憩してあげるのも良い方法だと思います。

実際にまだ装着義務のある幼児でも、大きくなるに従い装着率は下がる傾向があります。
だんだん、大人も慣れてめんどくさくなってくるのかもしれません。

オススメのチャイルドシート

日本人の体型にあった日本製なら、製品の信頼性も高くオススメです。

コンビ」(http://www.combi.co.jp/)
アップリカ」(http://www.aprica.jp/)
タカタ」(http://www.takata.com/)

このあたりの大手の製品なら大きな外れもなく安心でしょう。
あとは自分の使用環境や、好みに合わせて選んでみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)