【試乗レポート】新型トヨタ ノア 目立たないのにカッコいい車の万能選手 [DBA-ZRR80WAPXSP]


トヨタノア前面画像

今回は「新型 トヨタ ノア Si (7人乗り)」を試乗レポートします。
「タウンエース ノア」から派生した初代から数えて、今回のモデルチェンジで「3代目」となります。
ハイブリッド仕様車のレポートをご覧になりたい方は、同じ走行性能を持った「新型 トヨタ エクスファイア HIBRID」のページをご覧ください。

スポンサーリンク

外観

大型ヘッドライトとグリルが装備され、全高の下げられた風貌と相まって堂々としたスタイリングです。
ヴォクシーと共通のコンセプト「エモーショナルボックス」をテーマにスタイリングされています。
基本のスタイリングはヴォクシーと共通ですが、ノアはさらにシンプルでプレーンな印象を持っています。

ノーマルのノアはのんびりした家庭的なイメージですが、この「Si」には専用エアロが装備され若干精悍な印象を受けます。
ヴォクシーのエアロではちょっと派手すぎるという方には、ちょうど良いさじ加減のエアロではないでしょうか。
実はこのエアロヴァージョン、価格はヴォクシーと同じながら専用グリルが装備されるのは「ノア Si」だけです。つまりその分ちょっとだけお得感があります。

スポンサーリンク

内装

質感はプラスチッキーですが、実用的で清潔な印象のデザインです。
子供を乗せていると、どうしてもあちこちに傷が付いてしまいます。
こういったプラスチッキーな素材であれば、そういった事を気にせずに済むという利点があります。

ボディ角が目視しやすく、またAピラーが細くなったこともあって、とても見切りが良いです。
ボディの全高は下げられていますが、室内高は上下に広がっており乗り降りがし易いです。

7人乗り仕様のセカンドシートには「スーバーリラックスシート」が装備されます。
これは8人乗り仕様のベンチシートと違い、左右に一人ずつ座れるように分割され、サイズも大きめでゆったりした快適なシートです。
その分サードシートの厚みが薄くなっており、サイズも小さいので少し座っているだけで腰が痛くなります。
通常このクラスのサードシートは、緊急用という事が多いのでこれは仕方ありません。

エンジンの音は静かで、ロードノイズや風切り音も上手く遮断されています。

トヨタノア内装画像
スポンサーリンク

エンジンとミッション

2L直4DOHCガソリンエンジンと、CVTが組み合わされます。

出足で少しもたつく時がありますが、必要十分な加速性能でスムーズに加速します。
ただ荷物を沢山積んだ状態で坂道を登れば、若干パワー不足を感じるかもしれません。
一人二人での乗車では問題ありません。
坂道の続くワインディングを、ガンガン飛ばすような車ではありませんので、これで十分でしょう。

足回りとハンドリング

前輪マクファーソンストラット式サスペンション、後輪トーションビーム式サスペンションが装備されます。
後輪にはスタビライザーも装備されます。

先代からサスとステアリングのセッティングが変更されており、自然で違和感の無いハンドリングに仕上がっています。

少し固めの足回りながら、優れた直進安定性を持っています。
ロールもミニバンボディとしては少なく、不自然な挙動はありません。
若干突き上げ感がありますが、気になるレベルではありません。

評価のまとめ

このノアは、ガソリン仕様車であれば、特ににこれといった特徴も飛び道具もありません。
しかし、よく考えられた室内と過不足のない走行性能、印象の良い優しい外観とちょっと押し出し感のあるエアロで、絶妙なバランスを保っています。
子供と遊びに行って良し、仕事の通勤にも使え、大きな買い物にも便利と来れば、まさに自動車の万能選手といえます。
子供のいる家庭であれば、室内が広くて手頃な価格のノアは、最適な選択としておすすめできます。

主要諸元と価格

全長X全幅X全高 | 4710mmX1730mmX1825mm
JC08モード燃費 | 16.0km/l
価格 | 2,739,273円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)