【DIY】車の車内は家庭用掃除機で掃除する(車内掃除編1)


コイン洗車場に行くと、大きな有料掃除機で車内を掃除している人を良く見かけます。
しかし専用の有料掃除機なので多分性能が良いのだろうと、ただなんとなく信頼して使っていませんか?

この有料掃除機は本体から長いノズルを引っ張って来て使うので、なんだか不便で使いづらいです。
またノズルの取り回しに失敗して、ボディに傷を付けたり、汚したりとトラブルも起きます。前に使った人がどんな汚れに使っているかも分かりません。吸い取るパワーも実は家庭用と大差ないものです。

そこで今回はこの有料掃除機を使うのを止めて、家庭用掃除機を使って車の車内を掃除する方法を解説します。

スポンサーリンク

手順1「準備」

まず用意するものですが、「家庭用掃除機」と掃除機の先に付ける「細いノズル」、それからノズルの先を簡単に加工する為の「厚手の紙」と「ビニールテープ」を用意します。
それからルーフ内側のホコリを払う「柔らかいブラシ」、マットを掃除する為の「コロコロ」、「雑巾数枚」と「水の入ったバケツ」、「アクリル素材に傷を付けない専用のウェス」を用意してください。

スポンサーリンク

手順2「ルーフ内側のホコリを吸い取る」

車内の掃除も基本的に上から下へと作業を進めて行きます。
まずは天井のルーフ内側のホコリを「柔らかいブラシ」で払いながら掃除機で吸っていきます。
この際、用意しておいた「厚手の紙」でノズルの先端を覆うように巻いて紙でノズルを延長します。次にビニールテープで紙を巻いてその形を固定してください。少しきつめに作るのがコツです。これは内装のプラスチック素材などにノズルの先端が当たって傷を付けないための工夫です。つまりノズルの一番先端部には紙が出ていて、プラスチックのノズルは後ろに隠れている必要があります。

スポンサーリンク

手順3「内装プラスチック部分のホコリを吸い取る」

次にエアコンの風量を最大にしてホコリを吹き飛ばします。
ホコリを吹き飛ばしたら、内装のプラスチックに傷を付けないようにホコリを掃除機でやさしく吸って行きます。紙のノズルでも強く当てると傷になりますので注意してください。
メーター面の透明なアクリル素材は紙でこすっても傷が付きますので、アクリル素材に傷を付けない専用のウェスで軽くホコリを拭き取ります。エアコンなどのデジタル表示部も同様です。

手順4「シートや内装小物のホコリを吸い取る」

布製のシートのホコリは軽くたたきながら掃除機で吸い取っていきます。
ドア内張のポケットやカップホルダ、シートとボディの隙間には特ににホコリが溜まりやすいので念入りに掃除してください。

手順5「フロアマットの掃除」

掃除機が全体に掛け終わったら、粘着シートの付いた「コロコロ」でフロアマットやマットの下を掃除します。
しばらく車を使う予定が無いなら、フロアマットを外して洗剤で水洗いしください。良く晴れた日に一日干しておけば十分乾きます。

手順6「サイドシルの泥汚れの掃除」

次にドアを開けて、サイドシルの部分を固くしぼった濡れ雑巾で拭いていきます。
この部分は靴がよく当たるため、意外に泥汚れが溜まっています。
同じくドア内張の下部にも靴による汚れが付きやすいので、濡れ雑巾で拭いておきます。

以上で掃除機による作業は終わりです。内装掃除編として以降複数回に分けて作業は続きます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)