【DIY】コイン洗車場で素早くきれいに洗車する方法


自宅のアパートやマンションに駐車場を借りていて、洗車する場所が無いという人は多いと思います。
自動洗車機や、ガソリンスタンドの洗車サービスなど使うのも手ですが、お金が高かったり、ボディコーティングに傷がついたりする心配があってどうしても、自分で手洗いしたい人もいるでしょう。
しかし、普通に「高圧洗車機」で洗うだけでは、どうしても水垢などが残ってしまいます。
そこで今回は「コイン洗車場」の「高圧洗車機」を使って、素早く安く、水垢も残さず、かつ洗車傷の付かないお得な洗車方法を紹介します。

スポンサーリンク

手順1「下準備」

コイン洗車場はいつも人が多く、洗車機の使用時間も限られていますので、手早く作業をする必要があります。
そこで、あらかじめ用意できる作業はこの「下準備」の段階でやっておきます。
「洗車用のタオル」と「拭き上げ用のタオル」、「水の入ったバケツ」と「シャンプーの入ったバケツ」を用意します。
「洗車用タオル」は「シャンプーの入ったバケツ」に浸けておきます。
タオルはボディに傷が付かないように柔らかい物を用意します。「拭き上げ用タオル」は一度濡らしてから絞っておいてください。乾いたタオルでボディをこすると、傷の原因になります。できればカーショップで扱っているような専用のものが理想です。

スポンサーリンク

手順2「高圧洗車機で汚れを吹き飛ばす」

洗車機のコースは「シャンプー洗車」を選択します。「水だけ洗車」や「ワックス洗車」は選ばないでください。
「シャンプー洗車」コースは、始めに「水」だけが出てその後「シャンプー水」に切り替わり、最後にもう一度すすぎ用の「水」が出ます。
「手順2」の作業はこの最初の「水」が出ている間に済ませてください。
まずウォーターガンを持って車の汚れを吹き飛ばします。この際、車の「屋根」から「窓」「ボンネット」「トランク」「ドア」へと上から下へ順番に作業を進めてください。
吹き飛ばし残しがないように、車の表面を塗装するつもりでまんべんなく仕上げていきます。
この時、ついでに車のタイヤや、フロア下側のよごれも吹き飛ばしておいてください。

スポンサーリンク

手順3「シャンプー水でボディを洗う」

次に「シャンプー水」が出始めたら、またボディの屋根から下へと順番にシャンプーをかけていきます。
全部に掛け終わったら、洗車機の「一時停止ボタン」を押します。ここでおそらく「1分」くらいの待ち時間が表示されると思いますがこれはあまり気にしないでください。実際はこの待ち時間の後に残りの洗車時間がありますので、手早く作業をすれば十分間に合います。
「手順1」で用意していた「洗車用タオル」を手にとりボディの屋根から順番に手早く洗ってください。

手順4「高圧洗車機でシャンプーを流す」

ボディが洗えたら、再びウォーターガンを持って再スタートしてくさだい。この時の時間によってふたたび「シャンプー水」が出たり、「水」が出たりしますが、気にせず洗車機のメニューが終わるまでたっぷりと時間を掛け、ボディの屋根から下へと汚れとシャンプーを吹き飛ばしてください。時間に余裕があればもう一度ボディ下部にも「水」を掛けておいてください。

手順5「ボディの水を拭き上げる」

最後にボディに残った水を屋根から下へ順番に拭き上げていきます。もう時間の心配はありませんので、タオルが汚れたと感じたら、バケツの水ですすぎながらしっかりと拭き上げていきます。

以上で作業は終了です。手早くやれば15分も掛からないと思います。よかったら一度チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。