新型 スバル・レガシィ アウトバック Limited(5代目・BS9)【試乗レポート】上質な大人のグランドツアラー [DBA-BS9]


スバルレガシィアウトバック前面画像

今回の【試乗レポート】は「新型 スバル・レガシィ アウトバック Limited(5代目・BS9)」。
2014年にフルモデルチェンジした、MクラスのクロスオーバーSUV(5ドア)です。

初代「アウトバック」は、1994年にアメリカで発売されたクロスオーバーSUV。SUV需要の高まる北米市場に向け、レガシィをベースに開発した車です。

そのアウトバックも北米市場の要望に応えてどんどんと肥大化が進み、現在では5ナンバー枠を優に超えるサイズへと成長しています。

その結果、北米では高い人気を得ていますが、逆に日本市場ではボディサイズが仇となって販売台数が低迷。芳しい成績を上げることができていません。

その結果、今回のレガシィ・シリーズはついに「ツーリングワゴン」がカタログから消え、この「アウトバック」と4ドアセダン「B4」だけの二本立てとなります。

シャシーは、2.5L水平対向エンジンにCVT、「AWD」と呼ばれるフルタイム4WDを組み合わせた1種類のみの構成。「Limited」は、専用18インチアルミホイール(切削光輝ブラック塗装)や上質な専用サス(スタブレックス・ライド)など、装備を充実させた上級グレードです。

2017年にマイナーチェンジを実施。内外装のデザイン変更に加えて、足回りやトランスミッションの改良など、見えない部分にもしっかりと手が加えられています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【試乗レポート】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

「新型 スバル・レガシィ アウトバック Limited」の外観

ボディサイズ、全長4820mmX全幅1840mmX全高1605mm。ホイールベースは2745mm。

「レガシィにしては大きすぎる」と不評の多かった先代よりもさらにボディを拡大しています。ただし、今回は国内専用モデルとしてコンパクトな「レヴォーグ」を用意しているため、前回のような苦情はまったく聞かれません。

フロント

鋭さを増したホークアイ・ヘッドライト、新形状となったヘキサゴングリル。SUVテイストを盛り上げるフロント・スキッドガード(シルバー)。逞しさの中にも凛とした美しさを感じさせます。

サイド

張りのある面で構成されたサイドボディ。前後に長いキャビン(居住空間)に、18インチ大径アルミホイール。高められた最低地上高が相まって、伸びやかなサイドビューを表現。鋭く刻まれたキャラクターラインが、ボディ全体をキリリと引き締めています。

リア

スバルレガシィアウトバック後部画像

重厚感あふれる後ろ姿。ふくよかなヒップラインに、ワイド感を強調するリアコンビランプ。逞しいリア・スキッドガード(シルバー)が組み合わされます。

スポンサーリンク

内装

スバルレガシィアウトバック内装画像

しっとりとしたソフトパッドに、ピアノブラック調パネル。清潔なシルバーパーツ、木目調パネルを組み合わせた質感の高いインテリア。

ドアミラーを後方にオフセットして三角窓を設置。斜め前方の死角を最小限に押さえています。アップライトなポジションに広い視界も組み合わされ、運転のしやすい車です。

センタークラスター最上段には、エアコン吹き出し口が配置され、離れた後席にも快適な空気をしっかりと送風。その直下には、ナビゲーションなどを表示するワイドディスプレイ。エアコン(左右独立温度調整機能付き)は手探りでの操作も簡単なダイヤル式。

メーターナセルには、大型二眼メーター(車輌情報などを表示するマルチインフォメーションディスプレイ付き)が装備され、視認性も上々。ステアリング(ヒーター機能付き)&シフトノブは上質な本革巻き。しっとりとした手触りの良さがあります。

シート

フロントシートは、がっちりとしたフレームにコシのあるクッション、しなやかな表皮を組み合わせた座り心地の良いシート。体圧をキレイに分散して、肩まわりから腰、太ももにかけてしっとりと支えます。長距離ドライブでも疲れが溜まりにくいです。

リアシートは、座面の長さ、背もたれの高さともに十分で身体を支える機能が高い。足元や頭上空間には広々とした空間が拡がり、大人二人で座っても余裕があります。

荷室

幅、奥行き、高さともに広大で、形状もスクウェア。歴代レガシィの伝統を受け継ぐ使い勝手の良い荷室です。家族4人であれば、荷物の嵩張るキャンプ遊びも余裕。背もたれを4:6で倒して、さらに容量を拡大することもできます。床下には小物の整理に便利な、サブトランクも装備。

静粛性

室内にはたっぷりと遮音材が施され、高級サルーン並の静粛性能を実現。風切音やロードノイズもよく抑えられています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2498cc・水平対向4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、最高出力175ps/5800rpm、最大トルク24kgf・m/4000rpmを発揮。

車両重量1580kg。JC08モード燃費は、14.8km/l。

エンジン

2,5Lのツインカムエンジンで4輪を駆動(フルタイム4WD)。低速からフラットなトルクを発生するトルキーなエンジン。1.5tあまりのボディを過不足なく加速させます。

荷物や人を積んだ状態でも、それなりの加速感を維持するのでモタツクことはありません。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって無段階に変速するCVTを装備。街中など日常モードであれば、CVTならではの違和感はありません。自然なフィールを持った扱いやすいトランスミッションです。

アクセルと強く踏み込むとエンジン回転が先行して高まり遅れて車速が追従する「ラバーバンドフィール」を発生しますが、アウトバックはゆったりとロングドライブを楽しむ車なので欠点にはなりません。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。

乗り心地

装着タイヤは、225/60R18。KYB製ダンパー「スタブレックス・ライド」を装備。

重厚感あふれるしなやかな乗り心地。目地段差では路面の衝撃をそれなりに伝えるものの、不快な衝撃はしっかりと遮断。剛性感の中にも上質なフィールがあります。

高速域での安定性も高く、進路を乱しにくいです。うねりのある路面では4つのサスが巧みに上下してフラットな姿勢を維持、まっすぐに走り抜けます。

ハンドリング

適度に引き締まったスポーティなハンドリング。僅かな操舵にも正確に反応して、ドライバーのイメージしたラインを正確に描きます。

背の高いSUVにしてはロールもよく抑えられており、安定した姿勢を維持して素直に旋回。ロール制御が巧みでドライバーに違和感を感じさせにくいため、安心してステアリングを握ることができます。

最小回転半径は5.5mとボディの割に小さく、取り回し性も良好。

その他

先進安全技術は最新の「EyeSight(ver.3)」を搭載。

このパッケージには、予防安全技術として衝突の危険を検知して予防、被害軽減をはかる「プリクラッシュブレーキ」や「後退時自動ブレーキシステム」、誤操作による急な飛び出しを防ぐ「AT誤発進抑制機能(前後)」を。

運転支援技術として、一定の車間を維持して前車に追従する「全車速追従機能付きクルーズコントロール」やステアリングをアシストして車線を維持する「アクティブレーンキープ」、ふらつきや車線逸脱を検知して注意を促す「警報&お知らせ機能」といった機能を装備。

【試乗レポート】のまとめ

「スバル・レガシィ アウトバック Limited」は、レガシィツーリングワゴンをベースに最低地上高を高め、SUVテイストあふれる外装を施したMクラスのクロスオーバーSUV。

レガシィ・ツーリングワゴンの伝統を受け継いだ広々とした室内と、使い勝手の良い荷室。剛性感あふれるしなやかな乗り味に、素直なハンドリングを持ったグランドツーリングでもあります。

最近流行のスタイリングを重視したクロスオーバーSUVとは異なり、高い悪路走破性を持つのもこの車の魅力です。

「家族のために荷物のたくさん積める車を探しているが、所帯じみたミニバンは嫌」とか、「上質な大人のグランドツアラーを探している」といった人に最適な車です。

中古車市場では

2017年式「スバル・レガシィ アウトバック Limited」で万円前後。2014年式で万円前後(2018年月)。

価格

価格 | 3,564,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)